地域密着型工務店のメリット

工務店に依頼するメリット

地域密着型の工務店に依頼して注文住宅を作る場合には、大手ハウスメーカーに比べて比較的安く家を建てることができます。 地域密着型工務店に依頼するメリットとしては、自由度が高いということが挙げられます。大手ハウスメーカーの場合、注文住宅でもある程度規格に沿った住宅しか作れませんが、工務店の場合は構造や工法、仕様などにこだわりはありますが、間取りや外装デザイン、設備のほか、外装材・内装材まで自由にすることが可能です。 また、ハウスメーカーの場合、建築やインテリアなど様々な担当者がつきますが、工務店ならアフターサービスまで一人の担当者とコミュニケーションをとりながら家造りができるという大きなメリットがあります。

工務店の選び方について

工務店のデメリットは、品質がバラバラで工務店選びによっては質の悪い住宅ができてしまうということが挙げられます。 そんなデメリットを避けるためには、良い工務店を選ぶことが重要です。 工務店の選び方としては、実際に作った住宅を見学してみるということがオススメとなります。年間20棟程度作っている工務店であれば、完成していて売り出し中の家がある可能性が高いです。そんな住宅をいくつか見学してみることで、良い家かどうか、自分の好みかどうかなどが分かってきます。 また、信頼できる工務店であることも重要です。信頼できる工務店はきちんとコミュニケーションをとってくれます。誠実に対応してくれることが多く、質問にもしっかり答えてくれるところを探すことが良いとされています。