大手ハウスメーカーのデメリット

設計の自由度が劣るという特徴がある

品質や性能の高い構造部や部材を使って住宅を建てている大手ハウスメーカーは、安心感があるという点で多くの方に選ばれています。ただ、メリットがあれば、必ずデメリットがあることも考えておかなければいけません。大手ハウスメーカーで注文住宅を建てるときに考えられる、デメリットをチェックしてみましょう。マイホームを建てるなら、細かい部分まで自分の理想を詰め込みたいという人も多いようです。大手ハウスメーカーの場合、少し設計の自由度が劣るというデメリットがあります。

組立などがマニュアル化されている大手ハウスメーカーの場合、使用する構造体や部材が規格商品となっています。使う素材が同じようなものなので、完成した家も似たり寄ったりな間取りや見た目になりやすいのです。自分の理想を細かく聞いて欲しいという人には、大手ハウスメーカーは向かないかもしれません。

コミュニケーションが取り難いこともある

大手ハウスメーカーは部署が細分化されています。細分化することで、それぞれの分野において専門的な知識を得られるというメリットがあります。ただ、部署が多いことによって「コミュニケーションが取り難い」という、デメリットが生まれてしまうケースもあるようです。大手ハウスメーカーには、営業担当・設計担当・照明担当・インテリア担当などがあり、それぞれの担当者と打ち合わせをして家作りを行っていきます。打ち合わせ時に担当者全員と会うことはまずなく、打ち合わせた内容は後から共有しなければいけません。 しかし、担当者のコミュニケーションが不十分だと、上手く打ち合わせ内容が伝わらず予定とは異なる家になってしまった、という失敗に繋がってしまうのです。打ち合わせごとに、担当者の間で内容が共有されているのかチェックしなければいけないので、その点は注意が必要です。