大手ハウスメーカーの特徴

性能・品質共に高いのが特徴

マイホームを建てる際、大手ハウスメーカーが、まず選択肢に入るのではないでしょうか。大手ハウスメーカーは全国展開、また広域で展開している住宅建築会社のことです。テレビコマーシャルで見るようなハウスメーカーであれば、大手といっても良いでしょう。大手ハウスメーカーが建てる注文住宅の特徴として、使用する素材の品質や性能が高いということが挙げられます。大手ハウスメーカーはコストダウンのために、家作りに必要な構造体や部材を自社で製造しているケースがほとんどです。使われる部材は断熱性や耐震性が高いなど性能に優れています。また構造体や部材の組み立て工程もマニュアル化されており、どこで注文住宅を建てても品質にばらつきが出ないというのが、大手ハウスメーカーで建てる魅力です。

工期が短いというのも特徴

大手ハウスメーカーで注文住宅を建てた場合、工期の期間が短いという特徴もあります。大手ハウスメーカーが使う構造体や部材は、自社の工場であらかじめ作られてから、運ばれてくるというのが一般的です。家を建てている所で、木材を切ったりするという工程がありません。届けられた構造体や部材を、プラモデルのように組み立てて家作りを行っていきます。構造部分から屋根部分を作るまでにかかる期間は、たった1日です。どんどん、組み立ては進んでいくので大手ハウスメーカーに依頼した場合、着工から約3ヶ月程度でマイホームが完成します。工期が短いということは、構造体部分が雨や風のダメージを受けるリスクが減り、自然による被害を最小限に抑えられるというのも、大手ハウスメーカーで建てる家の特徴です。