地域密着型工務店のデメリット

ハウスメーカーとの比較

注文住宅を任せる建築会社としては、ハウスメーカーと地域密着型工務店のほぼ二択となります。大手と地元企業というわかりやすい構図ですが、後者の場合どんなデメリットがあるのでしょうか。例えば、注文住宅において重要なイメージが湧きやすいのは前者になります。過去の施工事例やカタログなどを見せてから仕事に着手するため、施工主側も見た目のイメージを固めた状態で依頼することができます。しかし、工務店側はそうした細かい配慮まで手が回っていないことも多く、またハウスメーカーほど施工事例も豊富ではありません。その分細かな打ち合わせが必要となるため、ハウスメーカーに依頼するよりも建築まで時間がかかりやすいデメリットは見過ごせません。

不明瞭なことが多くハッキリしないことも

住宅はとても大きなお金が動く買い物なので、しっかりと費用やコストを把握したいところです。特に注文住宅は、最初から値段が決められているわけでなく、予算に合わせて間取りやデザインを決定していきます。地元工務店の場合、こうした金額が不明瞭であることも少なくありません。昔ながらの企業はなんとなしの肌感覚で金額を決めたり、伝えるのを後にすることもあります。もちろん、こうした例は工務店の性格にもよるため一概には言えませんが、ハウスメーカーと比較して起こりやすいことは確かでしょう。自分が想定したよりも金額がかかったり、トラブルが発生してそのトラブル回避のために追加費用が取られたりと、後々金額面で後悔することも考えられます。